タグ:6枚落指導 ( 9 ) タグの人気記事




木村先生との卒業試験

10/27(土)、加瀬教室に行ってきました。この日のご指導は木村一基八段と知花賢奨励会三段。先週、加瀬先生から6枚落ち卒業と言っていただいたものの、前回の木村先生とのご指導では負けを喫していたので、今回は6枚落ち卒業試験のつもりで臨みました。

結果は辛勝!序盤中盤終盤とそれぞれで困った場面が現れたものの、最後はなんとか勝ちきらせていただきました。思い通りにいかないところもありましたが、一番長考した局面(84手目)で、木村先生が予想していた手[▲5二と金]よりも良い手(と言っていただけた)[▲7七銀]を指せたのが何より嬉しかったです。(棋譜は末尾のmoreをクリックしてください)

思えば初めて加瀬教室に伺ったのは昨年の11/12(土)のこと(そのときの様子は過去のコチラコチラの記事参照)。あの日の指導日も加瀬先生と木村先生で、見学だけのつもりがそのまま体験教室として各先生方から1局ずつ指導していただけたのでした。懐かしいな。

あれからほぼ1年、月1~2回というスローペースではありましたが、続けてこられて良かったです。今度は来年中に4枚落ち卒業を目指して、もっともっとがんばりたいと思います。楽しみです!!

More
[PR]



by hirocomic_shogi | 2012-10-29 00:36 | 将棋日記

4枚落ち!

久しぶりに加瀬教室に行きました。前回は9/15(土)の村中六段の指導日でしたから実に1カ月ぶり。今日の先生は私の大好きなゲストの松尾歩七段です。松尾先生には以前、渡辺明王座奪取&竜王位八連覇記念将棋大会でご指導をいただいたことがあるので、今回は2回目です(前回の棋譜やコメントはコチラ)。

最近は平手ばかり勉強していたのでちょっと不安があったものの、将棋をサボッていたわけではないので大丈夫かな、などと少しのんびりした気持ちで向かいました。

・・・が!先月木村先生に指摘された私の欠点がまた顔を覗かせてしまいました。

「ヒロすけさんの指し手は迷いが多い」(回想)


ぎゃー。


・・・どういうことかというと、こちらが優勢で手の広い局面で、攻めの方針がブレてしまうのです。負けなくない!という気持ちが悪い方に作用して考えすぎてしまったり、攻めている途中で弱気になって一旦受けてしまったり・・・。普段はあまり問題ないのですが、木村先生をはじめ特に負けたくない!と思ったときの対局に顕著にそれが表れてしまいます。

今日は夕方からお邪魔したので最後は時間切れ。ただ、必勝の局面になっているということで加瀬先生から判定勝ちをいただきました。こちらが終局(中断)図↓
b0240500_0482659.jpg

まあ、勝ちは勝ちだと思うのですが、ちょっと手数が多すぎ・・・(><)順調に龍も馬も作れたために、逆に攻め急いでと金を作るタイミングを逸してしまい、結果駒不足で右往左往。ちょっと情けない内容でした。

それでも一応勝ちは勝ち、懇親会のときに加瀬先生からいつでも4枚落ちに移行しても良いというお言葉をいただきました。正直、とても嬉しいです。でも今日の内容が悪かった分、少しだけ悔しい思いも残ります。それに、第一目標である対木村八段戦ではまだちゃんと勝てていません。

というわけで、当面は木村先生だけ引き続き6枚落ち、他の先生方には4枚落ちでご指導をいただくことにしました。4枚落ちは限りなく2枚落ちに近い手合いと聞きますので、たくさん勉強しなければ。そして次の木村先生指導日には絶対勝てるように頑張りたいと思います!
[PR]



by hirocomic_shogi | 2012-10-21 01:00 | 将棋日記

2012/5/5 木村一基八段/6枚落(加瀬教室)

ダイジェスト
熱海合宿以来の木村先生のご指導日。7面指し(!)のうち。対局時間は下手方約30分。74手で上手勝ち。1ヒントの後、80手で下手勝ち。

いつものごとく私が受け損ね、攻めのスピードを競う展開に。終盤、1手違いで寄せきれるかも!と踏み出した74手目▲8二龍でアウト判定。「それだとクーデターが起きますよ(=ここは一旦受けるか王手し続けないと自玉が詰みますよ)」というアドバイスをいただいてしまいました。ぎゃふん・・・。自分に必死がかかっていることに気づいていませんでした。考え直して指した▲6六角は正解で、そこから9手詰。これについては「よく気づきましたね」と褒めていただけました。先生お優しい…ホロリ。

本日の木村先生からの一言は、居飛車勉強中の私への序盤のアドバイス。
b0240500_1273882.png
「6枚落の下手が1筋からの突破を目指している場合、逆に上手も1・2筋から"と金"で攻めてきます。その上でもし、上手が5筋からも攻めてきた場合、居飛車を勉強しているとつい右金で受けたくなってしまいますが(上図▲5八金右)、この場合は左金で受けた方が守りの効率が良いですね。」

確かに金が上がるときは右という癖がついていました。伺ってみれば当然のことなのに・・・キチンと相手の手に合わせて指さなければいけませんね。勉強になりました!心にメモメモ。


回想
Flashでの棋譜はこちらをご参照ください(「道路上将棋!」のサイトに飛びます)。棋譜は末尾の"more"をクリックしてください。

★雀刺しによる1筋突破の定跡で24手目まで進みます。32手目、2三歩と"と金"作りを目指すか4一成香で攻めていくか迷いました。結果、歩打ち→4一成香→と金という、ちょっとブレた攻め方に・・・。反省です。と金と成香の使い方、進め方の順番はいつも迷います。なるべく下に下に、という教えは意識しているのですが。

★65手目△4六歩打は冷静に同歩とすべきでした。金取りを急いで放置してしまった結果、と金で一気に困ってしまいました。
b0240500_17473250.png
★上図、上手△8四玉に対して▲8二龍と指して、差し戻し。考え直した▲6六角は正解で、以下、△9四玉▲9三角成△同 玉▲8二龍△9四玉▲8三龍で詰み。うーん、ここまでノーヒントだっただけに悔しかったです!

木村先生、ご指導どうもありがとうございました!

More
[PR]



by hirocomic_shogi | 2012-05-10 13:00 | 将棋日記

2012/5/3 松尾歩七段/6枚落

今まで指導対局の内容についてブログにあまり書いてきませんでしたが、これからは復習を兼ねて、棋譜と詳しいコメントを少しずつアップしていきたいと思います。(何せこのブログは「備忘録」なもので・・・。)

下手(私)の指し手は参考にならないものばかりですが、上手(プロ棋士)の方々の指しまわしやコメントなどを楽しんでいただければ幸いです。なお当ブログではご本人から公開のご承諾をいただいた棋譜と写真のみを掲載致します。

===========

b0240500_15364518.jpg
ダイジェスト
松尾歩七段の3面指しの内。対局時間は途中イベントのため休憩を挟んで下手方27分。ノーヒント。68手で下手勝ち。

松尾七段からの初めてのご指導。1筋からの雀刺し定跡で、我ながらうまく指せた気がします。特に悪いところはないとのコメントをいただき、大変嬉しかったです。迷ったのは50手目と54手目の部分。対局後の指導で丁寧に解説をいただきました。棋譜は末尾"more"をご参照ください。

解説
△3二金▲7六歩△6二玉▲2六歩△2二銀▲2五歩△8二銀▲1六歩△6四歩▲1五歩△6三玉▲1七香△7四歩▲1八飛△7三銀▲1四歩△同 歩▲同 香△7五歩▲1二香成△3一銀▲2一成香△7六歩▲7八金△6五歩▲6八銀(下図)
b0240500_0314523.jpg
1筋からの雀刺し定跡。26手目▲6八銀まで。
定跡通りの進行で、途中上手が△7六歩、△6五歩と突いてきたので、それぞれ▲7八金、6八銀と受けました。早めに受けるのは木村先生の教えの一つ。後のアドバイスでもお褒めの言葉をいただきました。さらに定跡形が進みます。

(上図より)△5一金▲1二飛成△5四歩▲3一成香△同 金▲3三角成△6二金▲1一龍△2一香▲2四歩△同 歩▲4三馬(下図)
b0240500_22414967.jpg
38手目▲4三馬まで。
6枚落の指導対局で角が成りこめる展開は珍しく新鮮でした(32手目▲3三角成)。ここから3一の金取りを目指してあの手この手で考えます。36手目▲2四歩は香車取りのために2二に歩打ちしたくて突き捨てた手です。ただしその後同金とされると3三の馬にかかってしまうので、先に▲4三馬と逃げました(上図)。松尾先生のアドバイスによると、ここで馬は逃げなくても良かったようです。

(上図より)△1八歩▲2八銀△2五歩▲2二歩△2六歩▲2一歩成△1九歩成▲同 銀△2七歩成▲3一と△2八歩▲1三龍(下図)
b0240500_2242229.jpg
50手目▲1三龍まで。
上手のと金の攻めが遅いと判断し▲6一馬からの開き王手を狙ったものの、本当に攻めが続くのか不安でここで一番長考しました。手持ちの金銀香と、馬を切ればもう1枚金が手に入るという状況をみて結局見切り発車。ただ感想戦で、ここでは▲1三龍に代わって▲1四龍とし、その後▲5四馬とする攻めの方法もオススメいただきました。

(上図より)△2九歩成▲6一馬△6四玉(下図)
b0240500_23555928.jpg
53手目△6四玉まで。
上図から本譜は▲6二馬△同 銀と金を取り、玉の逃げ道を塞ぐために56手目▲5六歩→58手目▲8五金→60手目▲4三龍となりました。この流れは3手かかるため少し自信がなく、▲5六歩を指すときは長考してしまいましたが、後から大変褒めいただいたのでとても嬉しかったです!
ただ、こんな悠長に縛れるのは6枚落ちだからこそ。先生からは上図から、▲6二馬に代わり▲7五銀からの攻めを教えていただきました。これだと、本譜より7手早い攻めとなります。気づかなかったです・・・。

(本譜は上図より)▲6二馬△同 銀▲5六歩△6三桂▲8五金△5五歩▲4三龍△7三玉▲7四銀△8二玉▲6三銀成△同 銀▲同 龍△7二銀▲7四桂△投了
b0240500_0572731.jpg
感想
6枚落もかなり回数を重ねてきたので、今回はなるべく時間をかけずに最短手数で指すことを心がけました。松尾先生からのお言葉にもあったように、こんなに上手く指せた6枚落対局は初めてだったかもしれません。先生の丁寧な感想戦と合わせて心に残りました。

追記:道路上将棋に棋譜をアップしてみました。Flashが見られる環境の方はこちらでご覧いただけます。

More
[PR]



by hirocomic_shogi | 2012-05-09 00:54 | 将棋日記

銀座で!指し納め(六枚落ち)

Twitterでお世話になっている方々から、美味しいものを食べる会にお誘いをいただき、銀座LOBOSに行ってまいりました。ずっとお会いしたかった方々にお目にかかることができ、おしゃべりも楽しくて、2011年の素敵な締めくくりになりました。

ところで、昨日が将棋の指し納めと思っていたら、なんと思わぬところで六枚落ちを指させていただくことになってしまいました。しかも皆さんの目の前で!しかもmtmtさんと!!どこでも対局できるiPad、本当に恐ろしい・・・。やります!なんて言ってしまったものの、すごく緊張してしまって悪手の連続。でも流石にボロ負けはイヤだったので、途中、空気を読まずに大長考させていただいて何とか勝ちました。よかった・・・。

でも実は、将棋部出身のお二方を前に、将棋を教えていただきたくてウズウズしていたのも事実。なので、すごく嬉しかったです!!素敵な指し納めとなりました。mtmtさんのご許可もいただきましたので、棋譜もアップさせていただきます。棋譜をお送りくださいましたhorryさん、ありがとうございました!

More
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-30 23:52 | 将棋日記

12/18の加瀬教室(前編)

この日は遠山五段、戸辺六段と加瀬先生の豪華指導陣によるお教室でした。そのためか、ちびっ子含めてたくさんの生徒さん!ちびっ子大好きの私にとっては天国のような環境でした。みんなはしゃいだりするけれど、基本的にはお行儀のよい子が多いので安心して見ていられます。何人かとはお話しもすることができました。よしよし。

対局は、加瀬先生と遠山先生との六枚落となりました。本当は初めての戸辺先生にも是非お願いしたかったのですが、ちびっ子優先でいいですよ~と言っていたら時間がなくなってしまいました。自業自得、ちょっと残念。

攻めの形のバリエーションを学びたいので、毎回一筋からの定跡で進めているのですが、今回は加瀬先生が、△2一玉とした局面をご提示くださいました。いつも通りの攻めでは続かないので、▲7九角とした作戦は悪くなかったようですが、▲3六歩としなかったのが失敗!その後△3五歩として角筋を止められてしまい、結局強引に▲2二香成、▲1三銀打というもったいない使い方に…。

終局後、実は角筋を足すなら、▲6六角、▲5七角の方が良いというアドバイスをいただき目からウロコ。9三へと角成を睨みつつ1三にも足せるのですから本当に素晴らしいです。これにより△8二金の一手分、相手を遅らせることにも成功します。

結局馬の大活躍があって58手で勝たせていただきましたが、いろいろと悔いの残る(というか勉強になる)一局でした。でも最後は、先生の予想より早い詰みの形ができたので嬉しかった!これは詰め将棋の賜物です。

どうも詰将棋で得た王手の快感が身についてしまったようで、慌てて王手に走ってしまう傾向がちらほら見えました。初心者が慌てて指すなんて良いことないので、早めに行ってゆっくり指すことを心がけたいと思います。
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-20 18:30 | 将棋日記

将棋教室体験(後編:Kz先生との六枚落)

(続き)
実はこの日は見学のつもりでいったのですが、
なんと体験を2局もさせていただきました。
しかも、2局目のお相手は、憧れのKz先生!!
舞い上がってしまって、最初どんな挨拶をしたのか、
先生が何をおっしゃっていたのか、実はあまり記憶がありません…。

またもや六枚落で対局開始。
「店長先生と違って僕は優しくないですよ」のお言葉に、
実は内心キュンとしたりして…。邪念があってすみません。

本当は全力の矢倉でぶつかりたかったのですが、
直前に店長先生に六枚落定跡のご指導をいただいていたので、
無謀にもやったことのない「囲いなしの1筋攻め」に挑戦。

結果、こちらも血まみれの展開で、
最後はあと1手手番を渡せば投了せざるを得ない展開になりましたが、
なんとか逃げ切って相手玉を詰ませることができました。
先生が負けました、とおっしゃってくださったときは、
はしたないのですが歓声を上げてしまいました。
(先生、本当にすみません…)

いただいたアドバイスをは以下の通り。
1.と金を作られそうになったら、とにかく受けて芽を摘みましょう。
2.9筋からの角の攻めは良かったです。

対局後は、先生に無理を言って握手をしていただきました。
細身の先生でいらっしゃるのに、手はすごく大きくて、
白くて綺麗でふわふわしていました。
対局中は集中していましたが、対局後はそんなこともあって
再び大いに舞い上がりました。先生方に大感謝。

結局、その場で入会申し込みをしてきました。
仕事の関係でなかなかコンスタントには来られませんが、
少しでもたくさん指導していただく機会を作りたいと思います。
とりあえずは、目指せ、六枚落卒業、かな?
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-11-12 21:10 | 将棋日記

将棋教室体験(前編:店長先生との六枚落)

11月12日(土)、初めて将棋のお教室なるものに行って参りました。すごくアットホームな雰囲気で、楽しかったです。子どもさんが多いと聞いていましたが、この日は大人の方ばかりでした。男女比は、8:1程度といったところしょうか。

まずお教室主催の店長先生にご指導いただきました。ルールは知っているということで、六枚落から。

ひろのすけは、とりあえず覚えている矢倉を組んでから2筋突破。相変わらずの長考ぶりで、見かねた先生が時折アドバイスくださいました。だいたい、どうやって攻めようか?で迷うんですよね…。
今振り返るとかなり血まみれな展開になりましたが、最後は攻められながらもなんとか相手玉を詰ませました。

先生からのアドバイスは、
1.とりあえず六枚落は囲いを作る必要がないので、攻めましょう。
2.攻め筋は1筋から。(このときお手本を見せてくださる)

どちらも予想していたことなので、納得。はい、駒落定跡もちゃんと勉強させていただきます…。

個人的には、矢倉の受けや飛車先の歩の交換はうまくいってたけれど、60手目▲3五同銀が「攻めは小駒から」に反した悪い手だった気がします。もっと攻めの基本をマスターしないといけません。(後編に続く)
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-11-12 21:00 | 将棋日記

ツ部会(井道先生との六枚落)

ツイッター支部例会に初参加させていただき、井道千尋女流初段にご指導いただきました。
(当日の様子は、日本将棋連盟ツイッター支部のページをご参照ください。)

この日、私は人生初の指導対局で、かなり緊張しました!
でも千尋先生がとても気さくな方だったので本当に助かりました。

私は覚えて間もない矢倉囲いでとりあえず防御。
そこから棒銀の形を作った52手目まではかなり上手く指せました。
でもその後、どうやって攻めれば良いのかわからず長考…。
特に、2筋突破に不安を感じて香車を上げてしまったのは、
とてももったいない手で、失敗でした(54手目▲1七香)。

また61手目△6五歩の後、それを放置して▲1ニ香成、
続けて▲1三角成と急いでしまったのは、
その後の△6六銀の侵入を許してしまいよろしくなかった気がします。

75手目△4四銀の後、どこから龍を作ろうか迷っているところで、
先生から「3手で龍が出来れば短い方です」と、
背中を押してくださるアドバイスが。
これでかなり精神的に楽になりました。

その後、先ほどの△6六銀から攻められ続けて防戦一方に。
103手目の△6七銀打でピンチとなったので、
攻めに切り替え、龍で王手に出ました。

駒落ちで駒を取られるのは命取りですし、
攻撃は最大の防御ということを思い出したためですが、
これは大変良い手だったと後からお褒めのお言葉をいただきました。
よかったー。

とりあえず王から金を引き剥がすという作戦で
106手目▲6ニ銀打としましたが、
実はここでもっと早く詰ませる手があるとのアドバイスが。
長考の末、△6三玉の後、▲5二龍、△同玉、▲5三金という
3手詰があることを発見!なんとか勝利となりました。

最後の講評では、矢倉を組んで棒銀としたこと、
守りに見切りをつけて攻めに転じたタイミングの良さなどをお褒めいただきました。
千尋先生、優しい…。
最後には、当日の女性参加者に千尋先生から色紙のプレゼントがありました。
棋士の方の色紙は初めてだったので嬉しかったです。励みになります!

More
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-11-03 23:00 | 将棋日記

社会人になって将棋をはじめたヒロすけ(♀)です。2011年秋より「アマ初段」目指して長い坂道をユルユル登っています。プロフィールはカテゴリ「自己紹介」参照、ツイッターは@hirocomic_shogiです。
by hirocomic_shogi
プロフィールを見る

カテゴリ

全体
自己紹介
将棋日記
本の感想文
雑記
リンク

最新の記事