タグ:雑感 ( 16 ) タグの人気記事




将棋とRPG

出張続きということもあり、風邪を引いてしまいました。今回は珍しく38.6℃まで上がってしまったので、ちょっとしんどく、帰って来てからなるべく静かに過ごしています。本当は絶好の将棋勉強タイムのはずなのですが、頭がボーッとしていると本の内容も入って来ず。なので、激指の六段と6枚落を何局か繰り返しやってみました。

定跡を進めたあと、いくつかの選択肢で悩む局面が必ず現れます。将棋の面白いところは、序盤のうちは最善手が必ずしも一つではないところです。何度も訪れる、先の見えない分岐点。こんなとき、私はロールプレイングゲーム(RPG)をしていたときの気持ちを思い出します。それも、テレビゲームではなく、いわゆるゲームブックの方。

ゲームブックは今のような携帯ゲームが一般的でなかったときに流行った本で、ストーリーがページ毎にランダムに配置されていて、選択肢によってエンディングが変わっていくというものです。「洞窟の道が左右に分かれている。右へ進む場合は23ページ、左の場合はは55ページへ進め」「ここで階段をおりようか?降りるときは90ページへ、そのまま進むときは62ページへ」というような感じ。常に選択肢によって物語が進行していく、という点でテレビゲーム版よりも近いかな、と思います。

いつのまにか袋小路に入ってしまったりバッドエンドになったりしてしまいますが、慣れてくると自分で地図を書きながら進んだり、方針を立てながら進め、ハッピーエンドに辿り着くことができます。時には手筋というアイテムを手に入れたり、詰将棋で攻撃力を上げるような訓練をしたり…。防具(囲い)も必要ですが、手持ちのお金(駒)は限られているので、配分も考えなければなりません。

どちらにしても、勝利というハッピーエンドに向かいたいのは同じ。ゲームブックの場合、ハッピーエンディングとバッドエンディングの間にも何種類かのエンディングが用意されていて、中には後味の悪いものもあるので、できれば一番良いストーリー(内容)でクリアしたいという点も似てるかな。

また将棋が素晴らしいのは、相手にも同じような物語があって、その進行がよく見えるということ。一度の対局で2人分の冒険が楽しめてしまう。そう考えると、手軽に大冒険が楽しめる将棋は、確かに高尚な勝負事ではあるのですが、やっぱり最高のエンターテイメントだなとも思うのです。難しく考えすぎず、そういう気軽な気持ちで将棋と向かいあうのも、楽しみ方の一つかな、と思います。
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-24 11:00 | 将棋日記

季節の彩り

b0240500_13574623.jpg

クリスマスということで、お花をいただきました。綺麗。コロちゃんもひろのすけも大喜びです。お花のプレゼントは昔から母が大好きで、花より団子の私にはピンとこなかったものでしたが、大人になるにつれその気持ちがわかるようになってきました。お花は一時のものですから、とても贅沢な贈り物なのですね。今では私もお花のプレゼントが一番嬉しく感じます。年ってことかな?(笑)

午前中、今日最終日の「長谷川等伯と狩野派展」@出光美術館をチェック。思っていたより混んでいませんでしたが、見応え十分でした。通りの銀杏並木が見頃を迎えて綺麗でした。
b0240500_1402352.jpg

今日はこれから加瀬教室です。ひと月ぶりなので、ちょっと不安…。6枚落は4連勝中ですが、ここで負けたら卒業が遠のくと思うと、誰もかけてないはずのプレッシャーがチラつきます…。失う物がないときが一番気楽なんですね。

とりあえず過去の棋譜を確認しながら、イメトレに勤しみます。楽しみです!
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-18 13:50 | 雑記

リコー杯女流王座戦第4局の結果

今日のリコー杯女流王座戦は18時5分、122手で清水市代女流六段が加藤桃子奨励会1級に勝利しました。これで2勝2敗のタイとなり、第5局が行われます。詳細はリコー杯の公式HP中継ブログをご参照ください。

カトモモちゃん本当に残念でした。まさかまさかの大逆転・・・。なんだか徒競走で1位になりそうだったのにゴール直前で転んでしまった子を思い出します。思い返すだに胸が苦しい。でもこれが勝負の世界なのですね。この4戦は全て大熱戦だったので、一将棋ファンとしてはもう1戦観られることを喜ぶことにしたいと思います。次の第5局が、どうか二人にとって悔いのない素晴らしい対局になりますように。
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-06 19:06 | 将棋日記

紙版詰将棋の長所

このタイトル、本当は「電子版詰将棋の短所」の方が正しいのかもしれないけれど…。

私のiPod Touchには「渡辺明の詰将棋(初級)」「渡辺明の詰将棋(中級)」「i羽生将棋」の3つが入っていて、空き時間をみつけてはチビチビ解いているのだけど、最近、やっぱり詰将棋は本で解いた方がいいと思うようになってきた。電子版だとすぐにホイホイ手を進めたり戻したりすることができてしまう。とりあえず一手指してみて、相手の出方をみてからまた考えられる。先の手を読んで、よしこれだ!と決断してからページをめくる紙版に比べると、どちらかというと詰将棋というよりも最善手を探す練習になるというか…。

どっちが悪いというわけではないけれど、実践において「ここに詰みがありそうだ」と気づくためには、やっぱり紙版をやった方がいいのかなぁと思ったりします。どうでしょうか。ま、もちろん電子版でも指さずにぐっとこらえて回答を決めてから先に進めばいいんですけどね。できないんだなぁ、これが!
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-05 23:50 | 将棋日記

11/21今日のお勉強

今日は昼休みもないほどの一日だったので、『将棋・ひと目の手筋―初級の壁を突破する208問 (MYCOM将棋文庫SP)』を5問だけ。歩の章10問→受けの章10問→歩の章10問・・・というふうに進めているのだけれど、歩の章は本当に奥が深くて面白い。そして楽しい。一番弱い駒のはずなのに、一番可能性を秘めている。羽生さんがいつも歩のことを力説しているのがわかる気がする。

ページの端に、解いた日付と○×を書いているのだけれど、最近は正解が続くようになって嬉しい。以前解けなかった問題も解けたりして、前に比べてなんとなく読めるようになってきてると実感。ただのパズルゲームだったら解いたら終わりだけれど、将棋は解いた分だけ力がつくから嬉しいな。電車の中でクロスワードパズルとかやってる人いるけど、本当に詰将棋をオススメしたい。

昨日のJT杯の棋譜を確認してみたら、渡辺竜王が本当に頓死していた。渡辺竜王が頓死なんて!信じられない。対局していた二人はどんな気持ちだったんだろう。渡辺竜王の著書『頭脳勝負―将棋の世界 (ちくま新書)』を読んで以来、自戦記を読みながら棋譜を並べることの楽しさを知ってしまったので、いろんな棋譜を眺めていると、対局者本人の声(とか自戦記)が聞きたい(読みたい)なぁと思ってしまう。NHK杯とか、感想戦の内容をもっとちゃんと放送してくれたら嬉しいのになぁ。


[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-11-21 21:38 | 将棋日記

将棋の問題集

将棋の問題集、とりあえず『ひと目の~』シリーズと詰将棋をやっているけれど、今一番やりたい練習は、形勢判断かも。盤面を見て、相手が何をやろうとしているか、相手の弱点はどこか、自分の弱点はどこかを読む練習。私はもともと逆さ文字も苦手だから、このあたりを集中的に練習すれば、考える時間も少なくなる気がする。

今日は職団戦やJT杯で大いに盛り上がったようですね。対局された皆さん、お疲れさまでした。いろいろなイベントに参加できなかったのは本当に残念でしたけれど、応援している羽生先生がJT杯優勝とお聞きしましたので良い気分です。よかった。

また明日から一週間、気を引き締めて頑張ろう。
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-11-21 00:19 | 将棋日記

社会人になって将棋をはじめたヒロすけ(♀)です。2011年秋より「アマ初段」目指して長い坂道をユルユル登っています。プロフィールはカテゴリ「自己紹介」参照、ツイッターは@hirocomic_shogiです。
by hirocomic_shogi
プロフィールを見る

カテゴリ

全体
自己紹介
将棋日記
本の感想文
雑記
リンク

最新の記事