<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧




初年度回顧録

この1年の自分の成長過程をまとめてみました。


スタート前:本を読んでいるだけの時期。3手詰もろくに解けない。でもルールはすんなり覚えられた。

スタート月:ルールがわかっていたこともあり、五段相手に10枚落、8枚落で勝ち。
1ヶ月後:連盟道場で平手で10級に辛勝、4級、6級にボロ負け。三段に六枚落で時間切れ引き分け。
2ヶ月後:将棋教室に通いはじめる(6枚落)
3ヵ月後:1手詰がひと目、3手詰は3分以内に解けるようになる。2分以内だとまだ間違えることアリ。

4ヶ月後:大盤解説の理解は半分程度。でも1局を通して指し手が楽しめるようになる。簡単な5手詰めが解けるようになる。
5ヶ月後:大盤解説の理解は6割程度。
6ヶ月後:将棋大会に出る。序盤の練習をしたことで、駒組みの意味がわかり、観戦の理解が格段に深まる。

7ヶ月後:平手が1局を通じて形になるようになる。
8ヶ月後:(特に実感なし)
9ヶ月後:詰将棋とは違う「必至」と駒の利きの足し算の意味が本当の意味で理解できはじめる。

10ヶ月後:自分の棋譜を途中から再現できるようになってくる。このころからNHK杯の解説がだいたい理解できるようになる。
11ヶ月後:このころから大盤解説会の解説内容がだいたい理解できるようになる。
1年後:盤面を見なくても、頭の中の将棋盤を3~5手ほど動かせるようになってくる。

1年1ヶ月後:ハム将棋に平手で勝てるようになる。6枚落卒業、4枚落に。詰将棋は3手詰は1分以内、5手詰は3分程度で解けるように。
1年2ヶ月後:自分の短手数の棋譜を再現できるようになってくる(←イマココ!)


もっと詳しい記事は↓のmoreへ。

More
[PR]



by hirocomic_shogi | 2012-11-05 18:41 | 将棋日記

社会人になって将棋をはじめたヒロすけ(♀)です。2011年秋より「アマ初段」目指して長い坂道をユルユル登っています。プロフィールはカテゴリ「自己紹介」参照、ツイッターは@hirocomic_shogiです。
by hirocomic_shogi
プロフィールを見る

カテゴリ

全体
自己紹介
将棋日記
本の感想文
雑記
リンク

最新の記事