<   2011年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧




銀座で!指し納め(六枚落ち)

Twitterでお世話になっている方々から、美味しいものを食べる会にお誘いをいただき、銀座LOBOSに行ってまいりました。ずっとお会いしたかった方々にお目にかかることができ、おしゃべりも楽しくて、2011年の素敵な締めくくりになりました。

ところで、昨日が将棋の指し納めと思っていたら、なんと思わぬところで六枚落ちを指させていただくことになってしまいました。しかも皆さんの目の前で!しかもmtmtさんと!!どこでも対局できるiPad、本当に恐ろしい・・・。やります!なんて言ってしまったものの、すごく緊張してしまって悪手の連続。でも流石にボロ負けはイヤだったので、途中、空気を読まずに大長考させていただいて何とか勝ちました。よかった・・・。

でも実は、将棋部出身のお二方を前に、将棋を教えていただきたくてウズウズしていたのも事実。なので、すごく嬉しかったです!!素敵な指し納めとなりました。mtmtさんのご許可もいただきましたので、棋譜もアップさせていただきます。棋譜をお送りくださいましたhorryさん、ありがとうございました!

More
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-30 23:52 | 将棋日記

初めての四枚落ち@御徒町将棋センター

将棋指し納め!ということで、御徒町将棋センターに行ってまいりました。とはいっても、一般の皆様に手合いをお願いしたわけではなく、師匠(と心の中で勝手にお呼びしている先輩)に過去の自分の棋譜をみていただいたりする、勉強会のようなものでした。

先生方との対局後、反省点や疑問点があっても、他の皆さんが順番待ちをしている中ではなかなか質問などしずらいものです。また後から復習していても、「もしあのとき違う手を指していたら・・・?」の先が、初心者にはわかりません。そのため、第3者の方に棋譜を見ていただくことは本当に勉強になります。そしてそういう先輩がいらっしゃる私は、とても恵まれていると思います。

この日は棋譜チェックのほかに、初めての四枚落ち指導をお願いしました。定跡は知らなかったので、とりあえず中飛車+美濃囲いではじめました。最初の対局は、銀交換に失敗して角を取られてしまい負け。2回目は、焦点の銀交換部分に歩を垂らすという手筋を教えて頂き、こちらはなんとか勝ちになるまで指導していただけました。

六枚落ちまではパズルゲーム的な感覚がありましたが、四枚落ちになると俄然将棋らしくなりますね。攻めを繋ぐだけでなく、囲いや手筋を使わなければ突破できません。うまくすれば、ここで振り飛車の練習もできそうなので、早く六枚落ちを卒業するのが楽しみです!
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-29 23:50 | 将棋日記

NHK杯まとめ見!

b0240500_033544.jpg

風邪がぶり返しそうな勢いだったので、今日は予定を全部キャンセルしてほとんど家を出ませんでした。代わりに、溜め込んでいたNHK杯をチェック。2局分を、実際に駒を並べながらじっくり観戦しました。なんて贅沢な時間なんでしょう!

番組進行と同時に並べると、棋士の皆さんの間合いや苦悩が直に伝わってきて緊張感が増しますね。番組を見ながら一回並べて、終局後にもう一度並べ直して、最後に講座テキストを読む、という流れだと最高なのでしょうが、なかなか時間はとれなくて…。

最近は、棋士の先生方の解説もわかりやすいものが多くて助かります。自分の中のハードルがドンドン下がってきて、気軽に見られるようになってきました。次の一手が稀に当たるとすごく嬉しい。このままこういう時間がたくさん持てるように、実生活の時間組をうまくしたいなぁと思います。
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-25 00:27 | 将棋日記

将棋とRPG

出張続きということもあり、風邪を引いてしまいました。今回は珍しく38.6℃まで上がってしまったので、ちょっとしんどく、帰って来てからなるべく静かに過ごしています。本当は絶好の将棋勉強タイムのはずなのですが、頭がボーッとしていると本の内容も入って来ず。なので、激指の六段と6枚落を何局か繰り返しやってみました。

定跡を進めたあと、いくつかの選択肢で悩む局面が必ず現れます。将棋の面白いところは、序盤のうちは最善手が必ずしも一つではないところです。何度も訪れる、先の見えない分岐点。こんなとき、私はロールプレイングゲーム(RPG)をしていたときの気持ちを思い出します。それも、テレビゲームではなく、いわゆるゲームブックの方。

ゲームブックは今のような携帯ゲームが一般的でなかったときに流行った本で、ストーリーがページ毎にランダムに配置されていて、選択肢によってエンディングが変わっていくというものです。「洞窟の道が左右に分かれている。右へ進む場合は23ページ、左の場合はは55ページへ進め」「ここで階段をおりようか?降りるときは90ページへ、そのまま進むときは62ページへ」というような感じ。常に選択肢によって物語が進行していく、という点でテレビゲーム版よりも近いかな、と思います。

いつのまにか袋小路に入ってしまったりバッドエンドになったりしてしまいますが、慣れてくると自分で地図を書きながら進んだり、方針を立てながら進め、ハッピーエンドに辿り着くことができます。時には手筋というアイテムを手に入れたり、詰将棋で攻撃力を上げるような訓練をしたり…。防具(囲い)も必要ですが、手持ちのお金(駒)は限られているので、配分も考えなければなりません。

どちらにしても、勝利というハッピーエンドに向かいたいのは同じ。ゲームブックの場合、ハッピーエンディングとバッドエンディングの間にも何種類かのエンディングが用意されていて、中には後味の悪いものもあるので、できれば一番良いストーリー(内容)でクリアしたいという点も似てるかな。

また将棋が素晴らしいのは、相手にも同じような物語があって、その進行がよく見えるということ。一度の対局で2人分の冒険が楽しめてしまう。そう考えると、手軽に大冒険が楽しめる将棋は、確かに高尚な勝負事ではあるのですが、やっぱり最高のエンターテイメントだなとも思うのです。難しく考えすぎず、そういう気軽な気持ちで将棋と向かいあうのも、楽しみ方の一つかな、と思います。
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-24 11:00 | 将棋日記

12/18の加瀬教室(前編)

この日は遠山五段、戸辺六段と加瀬先生の豪華指導陣によるお教室でした。そのためか、ちびっ子含めてたくさんの生徒さん!ちびっ子大好きの私にとっては天国のような環境でした。みんなはしゃいだりするけれど、基本的にはお行儀のよい子が多いので安心して見ていられます。何人かとはお話しもすることができました。よしよし。

対局は、加瀬先生と遠山先生との六枚落となりました。本当は初めての戸辺先生にも是非お願いしたかったのですが、ちびっ子優先でいいですよ~と言っていたら時間がなくなってしまいました。自業自得、ちょっと残念。

攻めの形のバリエーションを学びたいので、毎回一筋からの定跡で進めているのですが、今回は加瀬先生が、△2一玉とした局面をご提示くださいました。いつも通りの攻めでは続かないので、▲7九角とした作戦は悪くなかったようですが、▲3六歩としなかったのが失敗!その後△3五歩として角筋を止められてしまい、結局強引に▲2二香成、▲1三銀打というもったいない使い方に…。

終局後、実は角筋を足すなら、▲6六角、▲5七角の方が良いというアドバイスをいただき目からウロコ。9三へと角成を睨みつつ1三にも足せるのですから本当に素晴らしいです。これにより△8二金の一手分、相手を遅らせることにも成功します。

結局馬の大活躍があって58手で勝たせていただきましたが、いろいろと悔いの残る(というか勉強になる)一局でした。でも最後は、先生の予想より早い詰みの形ができたので嬉しかった!これは詰め将棋の賜物です。

どうも詰将棋で得た王手の快感が身についてしまったようで、慌てて王手に走ってしまう傾向がちらほら見えました。初心者が慌てて指すなんて良いことないので、早めに行ってゆっくり指すことを心がけたいと思います。
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-20 18:30 | 将棋日記

季節の彩り

b0240500_13574623.jpg

クリスマスということで、お花をいただきました。綺麗。コロちゃんもひろのすけも大喜びです。お花のプレゼントは昔から母が大好きで、花より団子の私にはピンとこなかったものでしたが、大人になるにつれその気持ちがわかるようになってきました。お花は一時のものですから、とても贅沢な贈り物なのですね。今では私もお花のプレゼントが一番嬉しく感じます。年ってことかな?(笑)

午前中、今日最終日の「長谷川等伯と狩野派展」@出光美術館をチェック。思っていたより混んでいませんでしたが、見応え十分でした。通りの銀杏並木が見頃を迎えて綺麗でした。
b0240500_1402352.jpg

今日はこれから加瀬教室です。ひと月ぶりなので、ちょっと不安…。6枚落は4連勝中ですが、ここで負けたら卒業が遠のくと思うと、誰もかけてないはずのプレッシャーがチラつきます…。失う物がないときが一番気楽なんですね。

とりあえず過去の棋譜を確認しながら、イメトレに勤しみます。楽しみです!
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-18 13:50 | 雑記

激指先生の続き

今日の『1手詰ハンドブック』タイムトライアル15分は、第81~第155問までの計75問、12秒/問。同じ部分を5日前に解いたときは15分計54問で16.66秒/問だったので問題数アップ!ちなみに入門的な問題が続く第1~第80問は11分で8.25秒/問。やはり後半の230問は少し時間がかかりますね。

昨夜はなぜかうまく寝付けず、深夜まで激指9と格闘していました。日中待った1回で勝てた4枚落ちは、その後は全く勝てず。やはりきちんと勉強しなければだめですね・・・。以前野月七段が「4枚落ちは2枚落ちの香車落ちという考え方」とおっしゃっていたそうですが、4枚落ち定跡だけでなく2枚落ち定跡も一緒に勉強すると効果的なようです。まだ先生から6枚落ち卒業と言っていただいておりませんが、来るべきときに備えて、ボチボチ勉強しておこうかなと思います。

それにしても昨夜驚いたのが、激指先生のコメント。「指導対局」モードにすると、「それは悪手です。▲3四馬の方が良いです」などと指したそばからアドバイスをいただけるのですが、突然「好手ですね。▲3八銀かと思ってました。」とのコメントが!ええ、思ってたの?!という感じで、あまりの人間臭さに吹きだしてしまいました。面白いなぁ~。

結局、過去の指導対局の棋譜を解析しながら、悪手だと思われる局面から指しなおすということをしてみたのですが、こちらも3局指して1勝もできず。実際は3局とも勝ったのに・・・。PC相手だと、真剣に考え慎重に指すということが疎かになってしまうようです。PCソフトとの練習とはいえ、やはり1局1局を大事に指していかなくてはいけないのだと、反省した次第です。
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-15 23:39 | 将棋日記

将棋ソフトってすごい!

今日は出張で名古屋へ。往路は先日ダウンロードしたiPodtouchアプリ「東大将棋」の二段との6枚落にチャレンジしてみました。すると、なんとあっさり勝ち!見えなかったけれど、棋力がついてきているんだなぁ。けれど調子にのって4枚落もやってみたけれど、こちらはコテンパンに負けました。ぎゃふー。

続いてお仕事終了後、パソコンにインストールした件の「激指9」にチャレンジしてみました。これ、本当にハイテクですね~。棋譜解析やら次の一手やら詰みチェックやら…機能がいっぱいで使い切れるかしら?

とりあえず六段とやるべしというアドバイスがあったので、六段の6枚落に挑戦し、こちらも無事勝利!4枚落は、一旦ネットで4枚落定跡を確認した上でトライしたところ、待った1回でなんとか勝利することができました。嬉しい。

食事の帰りには本屋さんで『羽生善治の将棋を始めたい人のために』(成美堂出版)をうっかり購入。もう本屋に行く度に本を買う習性をなんとかしたい…。

今日の一手詰ハンドブックは、80問11分。8.25秒/問なので、前回よりだいぶアップ!一目で解いてはいるけれど、まだ詰みの形を覚えたわけではなく解いている問題が多いので、やっぱり5周ぐらいはやらなきゃいけないかな。引き続き頑張ります。
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-14 23:28 | 将棋日記

居飛車・振飛車の迷い

誰もが通る道だと思いますが、居飛車党に入るか振飛車党に入るかで迷っております・・・。もちろん後から変えられるし、両方できるのが理想だとは思いますが、理想は理想。いわば、大学受験を控えて理系クラスか文系クラスかを選択せざるを得ないような状況にあるわけです。

もともと矢倉の美しさを通じて将棋に魅せられた側面もあり、矢倉しかまだ囲えない状況もあり、なんとなく居飛車部に仮入会部しているような状況なのですが、加瀬教室の先生方はもちろん振飛車党ですし、初心者が初段への道筋を考えるなら圧倒的に振飛車の方が上達が早いとの情報もあり(これは邪念に近い)、ここに来てまた少し迷いがでてきています。うーん。

確かにPCソフトとの対戦で振飛車してみたとき、かなりスパっと勝てたのは快感でした。ハマったときは強いという言葉も、なんとなく理解しているつもりです。ただ好き嫌いの問題ではなく、なんとなく勇気が湧かないような状況。むむむ。特にこだわりがないから、こういうときは両方指してみるのがいいのかな・・・?でも誰と?PCソフトと?・・・うーん、迷う~。

そういえば昨日初めて、「開き王手」を「あきおうて」と読むことを知りました(『一手詰ハンドブック』解説より)。今まで「ひらきおうて」と読んでいたので衝撃的でした。簡単な漢字ほど読むのが難しい。でもtwitterの反応をみると、私だけではなかったようだったのでちょっとホッとしました。おかげさまでまた一つ賢く(?)なったきがします。
[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-12 20:25 | 将棋日記

まだ15秒/問?

b0240500_23533891.jpg

土日と、本業(?)の合宿で山中湖まで行ってきました。お天気がよくて気持ちよかった!夜はみんなで皆既月蝕を鑑賞しながら少し早めの忘年会。「合宿」というもの自体が学生以来なので7、8年ぶりでむしろ新鮮な感じでした。

そんなわけで、朝から夜まで友人たちと一緒なので、将棋の勉強は全然できず…。でも隙を狙って、昨日届いた一手詰の15分トライアルを敢行!初めて解く問題だったこともあって、53題しか解けず。だいたい15秒/1問という感じでしょうか…。問題は早く解けているのに、2問間違ったために遅くなってしまいました。目標には程遠いですが、本のめくり方とかに慣れればもう少し早くなるはず(本当はそっちじゃないけど)。

今より遅くなることはないと思うので、地道にがんばります。先輩からおすそ分けいただいた朝摘みイチゴをいただいて寝ます、おやすみなさい。
b0240500_2353259.jpg

[PR]



by hirocomic_shogi | 2011-12-11 23:54 | 将棋日記

社会人になって将棋をはじめたヒロすけ(♀)です。2011年秋より「アマ初段」目指して長い坂道をユルユル登っています。プロフィールはカテゴリ「自己紹介」参照、ツイッターは@hirocomic_shogiです。
by hirocomic_shogi
プロフィールを見る

カテゴリ

全体
自己紹介
将棋日記
本の感想文
雑記
リンク

最新の記事