初年度回顧録

この1年の自分の成長過程をまとめてみました。


スタート前:本を読んでいるだけの時期。3手詰もろくに解けない。でもルールはすんなり覚えられた。

スタート月:ルールがわかっていたこともあり、五段相手に10枚落、8枚落で勝ち。
1ヶ月後:連盟道場で平手で10級に辛勝、4級、6級にボロ負け。三段に六枚落で時間切れ引き分け。
2ヶ月後:将棋教室に通いはじめる(6枚落)
3ヵ月後:1手詰がひと目、3手詰は3分以内に解けるようになる。2分以内だとまだ間違えることアリ。

4ヶ月後:大盤解説の理解は半分程度。でも1局を通して指し手が楽しめるようになる。簡単な5手詰めが解けるようになる。
5ヶ月後:大盤解説の理解は6割程度。
6ヶ月後:将棋大会に出る。序盤の練習をしたことで、駒組みの意味がわかり、観戦の理解が格段に深まる。

7ヶ月後:平手が1局を通じて形になるようになる。
8ヶ月後:(特に実感なし)
9ヶ月後:詰将棋とは違う「必至」と駒の利きの足し算の意味が本当の意味で理解できはじめる。

10ヶ月後:自分の棋譜を途中から再現できるようになってくる。このころからNHK杯の解説がだいたい理解できるようになる。
11ヶ月後:このころから大盤解説会の解説内容がだいたい理解できるようになる。
1年後:盤面を見なくても、頭の中の将棋盤を3~5手ほど動かせるようになってくる。

1年1ヶ月後:ハム将棋に平手で勝てるようになる。6枚落卒業、4枚落に。詰将棋は3手詰は1分以内、5手詰は3分程度で解けるように。
1年2ヶ月後:自分の短手数の棋譜を再現できるようになってくる(←イマココ!)


もっと詳しい記事は↓のmoreへ。






<将棋の初心者向け本を読み始めた頃(2011年5月ごろ)>
・頭の体操代わりに詰将棋アプリをはじめてみるも、3手詰に四苦八苦。正答率は3分の制限時間で4/10程度。5手詰アプリは5分の制限時間で1/10程度(ほとんどマグレ当たりばかり)。
・詰将棋を通じて駒の動きやルールを覚える。

<初めて将棋を指したころ(9月末)>
・ねこまど将棋カフェではじめて将棋を指す。詰将棋のおかげもあり、五段の方相手に10枚落、8枚落で勝ち。

<1ヵ月(10月末)>
・矢倉の駒組みを覚える。
・初めての連盟道場。10級の子に平手で辛勝。三段の方相手に六枚落とこう着状態になり時間切れ引き分け
・2回目の連盟道場で4級、6級に平手でボロ負け・・・。(記事

<2ヵ月(11月)>
・加瀬将棋教室に通いはじめる。6枚落から。(記事
・浦野真彦先生の『初段になるための将棋勉強法』を読む。詰将棋の勉強方法を変えて、同じ問題をひたすら解いて詰みの形を覚える勉強方法にシフトチェンジ。

<3ヵ月(12月)>
・詰将棋アプリ「1手詰にゃう」や「i羽生将棋」の1手詰を解きつづけていたら、3手詰が早く解けるようになってきたことに気付く。3手詰アプリから難易度を落として、『1手詰ハンドブック』を購入し日課に。『3手詰ハンドブック』も購入。
・四段の方相手に初めて4枚落ちを指す。(記事

<4ヶ月(1月)>
・上州将棋まつりで席上対局観戦。解説の理解は半分程度だが、1手ずつの指し手の意味がわかり、1局を通して楽しめるようになる。(記事
・1手詰ハンドブックを終えて、再度3手詰ハンドブックへ。簡単な5手詰めが解けるようになる。
・居飛車だけでなく振り飛車も視野に入れ始める。

<5ヶ月(2月)>
・棋王戦・朝日杯決勝に。まだ解説会の内容の理解は半分程度
・このあたりでしばらく将棋から離れる。

<6ヶ月(3月)>
・美濃囲い、高美濃囲い、穴熊を覚える。
・リハビリ目的で大会に出ることを決める。序盤の練習を集中的に行い、やっと駒組みの意味がわかりはじめる。その結果、観戦の理解が格段に深まるように。(記事
・アマ女王戦の初心者クラスに出て4勝1敗、準優勝。序盤、中盤、終盤と1局を指し切れるようになる。記事

<7ヶ月(4月)>
・加瀬教室合宿にて友人と平手対局。序盤練習を行っていたために、まずまず良い勝負に。
・3手詰ハンドブックを終えるが全然覚えられず挫折気味に・・・。とりあえず2周目突入。
・このあたりで居飛車党になることを決める。

<8ヶ月(5月)>
・鰻リーグに向けて4枚落の勉強をはじめる。(記事
・カニ囲いを覚える。
将棋倶楽部24に登録する。(記事

<9ヶ月(6月)>
・『寄せが見える本 〈基礎編〉』の勉強をはじめる。詰将棋とは違う「必至」と駒の利きの足し算の意味がやっと本当の意味で理解できはじめる。

<10ヶ月(7月)>
・『寄せが見える本〈応用編〉』の勉強をはじめる。
・木村一基八段との6枚落卒業試験に臨むが時間切れでお預けに。
自分の棋譜を途中から再現できるようになってくる
・このころからNHK杯の解説がだいたい理解できるようになる

<11ヶ月(8月)>
・挫折していた詰将棋を、1日5問を最低目標にアプリで再スタート。
・このころから大盤解説会の解説内容がだいたい理解できるようになる

<1年(9月)>
・木村一基八段との6枚落卒業試験に臨むも負け。
・将棋ウォーズをはじめる(記事
盤面を見なくても、頭の中の将棋盤を3~5手ほど動かせるようになってくる

<1年1ヶ月(10月)>
・将棋ウォーズ対策として後手番居飛車の指し方を覚える。
ハム将棋に平手で勝てるようになる。
・6枚落卒業、4枚落に。(記事
・3手詰アプリは1分の制限時間で8/10、5手詰アプリは3分の制限時間で3/10程度。

<1年2ヶ月>
自分の棋譜を再現できるようになってくる(短手数に限る)
←イマココ!
[PR]



by hirocomic_shogi | 2012-11-05 18:41 | 将棋日記

社会人になって将棋をはじめたヒロすけ(♀)です。2011年秋より「アマ初段」目指して長い坂道をユルユル登っています。プロフィールはカテゴリ「自己紹介」参照、ツイッターは@hirocomic_shogiです。
by hirocomic_shogi
プロフィールを見る

カテゴリ

全体
自己紹介
将棋日記
本の感想文
雑記
リンク

最新の記事