素敵な「将棋日和」(その4)将棋日和版指し初め式

さていよいよ将棋日和版「指し初め式」のために特別対局室へ!

こちらでは藤森先生が特別対局室について説明をしてくださいました。そしてそのまま指し初めの記録係席へ。そして戸辺先生や金井先生のご案内で登場されたスペシャルゲストとは・・・。

b0240500_193644.jpg
なんと郷田真隆棋王でした!まさかのタイトルホルダー登場に一同黄色い歓声が上がります。他の先生方も心なしか緊張していらっしゃる様子です。
b0240500_1161234.jpg
「将棋は一生楽しめる趣味ですから、是非続けていただきたいと思います」とご挨拶される郷田棋王。
b0240500_1165834.jpg
郷田棋王のサイン色紙は、最後の抽選会の景品になるとのこと。「僕が欲しいぐらいです!」と満面の笑顔の金井先生。
b0240500_1202944.jpg
指し初め式開始。実際に駒を並べるところからはじめてくださいます。お相手はもちろん、おそらくこの日の参加者の中で最も郷田ファンであろう(!)金井恒太五段。郷田棋王にお会いするために、この日はわざわざスーツを着ていらしたのだそうです。素敵。

前半組さんが途中まで指し手を進めていたので、藤森先生の読み上げに従って郷田棋王と金井先生も途中まで進めていきます。
b0240500_152113.jpg
さてここからは参加者の手番。今回は1)郷田棋王の前に座り、2)1手指して、3)郷田棋王と握手をして、4)その様子を自分のカメラを使って撮っていただく、ということで、ファンにとってはまさに夢のような企画です。

でも突然局面を見て一手指すなんてことできない・・・ということで、記録係の藤森先生と、なんとお相手の郷田棋王が二人がかりでアドバイス。
郷田先生「今の局面で、後手は○○のような狙いがあるんです。なので先手はそれを阻止したいですね。」
藤森先生「ここでは駒の両取りを狙ってみましょう!」
b0240500_2151622.jpg
写真はお二人のアドバイスに従ってそろーっと角を打つ私。ご自分の指し手にも参加者へのアドバイスにもまったく緩みのない郷田棋王の男前っぷり。そしてどんどん局面は難解になっていきます。横で見ている広瀬先生も、「いやー随分本格的な将棋になりましたね」と驚いている様子。

b0240500_212793.jpg
郷田棋王は「うーんこれは後手は困りましたね。」「はて、困ったな」を連発。それを見て参加者がカッコイイ!素敵!とまた黄色い歓声をあげていました。まさに郷田先生オンステージです。

b0240500_2164720.jpg
全員が指し終わってこのような局面になり、指し初め式は終了。緊張しましたが、とても思い出に残る素晴らしい体験になりました。

続いてのプログラムは席上対局20秒将棋。でも・・・「どうぶつ王決定戦」?

(つづく)
[PR]



by hirocomic_shogi | 2012-10-17 21:00 | 将棋日記

社会人になって将棋をはじめたヒロすけ(♀)です。2011年秋より「アマ初段」目指して長い坂道をユルユル登っています。プロフィールはカテゴリ「自己紹介」参照、ツイッターは@hirocomic_shogiです。
by hirocomic_shogi
プロフィールを見る

カテゴリ

全体
自己紹介
将棋日記
本の感想文
雑記
リンク

最新の記事