職団戦、見学してきました

4/28(土)、千駄ヶ谷の東京体育館で第101回職域団体対抗将棋大会(通称「職団戦」)が開催され、少しだけ応援に行ってきました。
b0240500_9452068.jpg
会場到着。看板が大きい!

9:50開会だったのですが、私はちょっと出遅れてしまって到着したのは10:15ごろ。会場に入ると、人、人、人!・・・が一斉に、無言で指している圧倒的な光景。そしてソロバンをはじくようなパチ!パチ!パチ!の音が会場内を渦巻いていました。
b0240500_9455346.jpg
将棋の団体戦を観戦するのは初めてだったのですが、すごく興奮しました!普段写真やテレビで拝見する対局の様子は1vs1が基本なので、仲間同士が横並びになって対局する姿はとても新鮮。圧倒されるのと同時に、私も早く強くなって出てみたい!と思ってしまいました。(そのためには職場で仲間集めからはじめないといけませんが・・・。)

職団戦は「同一職場で5人」という編成規定があるのですが、面白かったのはチーム内にかなり年齢幅があったこと。年配の方から入社数年の若者までが一緒になって選手として競技をしている姿はとても素敵で、将棋は年齢を超えて楽しめるのだな~ということを再確認しました。あちこちで「社長、こっちです~」「係長次は頑張りましょう」「○○ちゃんヤバいよ、次は本気だすよ」なんて会話が交わされていて、会場にいるだけで楽しかったです。

職団戦は年に2回、春と秋に開催されていて、その運営は主にプロ棋士と奨励会員の方々が担っています。会場内ではたくさんの奨励会員が対局結果を書き込んだり連絡事項に走り回ったりしていました。
b0240500_1149745.jpg
加瀬先生は毎年運営に携わっていらっしゃいます。「ええ~撮らなくてもいいですよ~」なんておっしゃりながら、またまた素敵な笑顔を頂戴しました☆
b0240500_11494919.jpg
会場入り口付近では、日本将棋連盟モバイルのブースが設けられており、野月七段や遠山五段、西尾明六段、田中悠一四段、金井恒太五段らが営業をされていました。(携帯カメラなのでピンボケごめんなさい!)看板に描かれた"をかしさん"による似顔絵がとっても似ていて和みました。
b0240500_9464998.jpg
金井五段によるiPadを使った指導対局。対局中の様子が後ろのスクリーンに映し出されています。こちらはどなたでも参加可ということで、小さなお子さんも楽しんでいらっしゃいました。

今年は名人戦400年の記念の年ということで、午後からは棋士40人による5面指し×2回の、400面指しが行われました。1つのブロックに4人の棋士が入り、それぞれコーナーに座った5人を指導するというレイアウト。会場をみると壮観です。
b0240500_948095.jpg
b0240500_11513418.jpg
この日指導対局を担当された棋士の方々。すごい人数!(コチラもピンボケごめんなさい)

大会の結果は、将棋連盟のHPで公開されています。(コチラ→http://www.shogi.or.jp/taikai/shokudan/index.html
私もいつか職場で将棋同好会、作れるといいな~。そのためには自分がちゃんと強くならなくちゃ!
[PR]



by hirocomic_shogi | 2012-04-30 21:55 | 将棋日記

社会人になって将棋をはじめたヒロすけ(♀)です。2011年秋より「アマ初段」目指して長い坂道をユルユル登っています。プロフィールはカテゴリ「自己紹介」参照、ツイッターは@hirocomic_shogiです。
by hirocomic_shogi
プロフィールを見る

カテゴリ

全体
自己紹介
将棋日記
本の感想文
雑記
リンク

最新の記事