アマ女王戦C2クラスの様子

3/20(火・祝)、文京区民センターでアマチュア女王戦がに開催され、私はC2(初心者クラス)に出場しました。大会に出るのは初めて、1日2局以上人と指すのも初めて、時間制限ありの対局も初めてと、初めて尽くしでしたが、結果は4勝1敗の勝ち点7で、準優勝を修めることができました。望外の結果に自分でも大変驚いています。

とはいえ、C2クラスの出場者は全部で6人ですので、Aクラスのような熾烈な戦い・・・というよりは、お互い恐る恐る、でも笑顔というような雰囲気でした。私は将棋をはじめて5ヶ月目に入ったところ。ほかの方々は、高校の将棋部1年生だったり、LPSAの教室に通われている方だったり、中にはまだ詰将棋しかしたことのない方もいらっしゃって、下は高校生から上はover60までと多様な顔合わせになりました。実力はそれぞれ似たり寄ったりですので、勝負はどちらかといえば運に左右されることが多かったように思います。

対局は1時間を過ぎると、30秒の秒読み。通常チェスクロックを使用しますが、私を含め、使ったことがない場合は審判が読みあげをしてくださいます。他のクラスはスイス式で4局なのですが、人数が少ないことや、初心者なので対局が早く終わるだろうということで(でも実際は大熱戦で秒読みまでいく対局が多かったのですが・・・)、C2クラスのみ総当たり戦になりました。

それぞれの棋譜は自戦記としてアップしようと思っていますが、やはり初心者同士の大会。慣れていないもの同士のとんでもハプニングが続出でした。マンガ『ひらけ駒!』には、主人公・宝くんのママが初心者大会に出場する様子が描かれていますが、まさにこのときはリアル『ひらけ駒!』な感じでした。

  1)駒を並べ間違える(←私がやりました)
  2)二歩(←対局者がやりました)
  3)王手放置(←対局者がやりました)

どれも対コンピューター戦では起こり得ないことばかりなので、改めて人と指すときの恐ろしさ、同時に楽しさを知りました。やはり人間同士の戦いになりますね。9月にまた初心者向けの大会が開催されるそうなので、次はそこを目標にがんばってみたいと思います。
[PR]



by hirocomic_shogi | 2012-03-26 19:24 | 将棋日記

社会人になって将棋をはじめたヒロすけ(♀)です。2011年秋より「アマ初段」目指して長い坂道をユルユル登っています。プロフィールはカテゴリ「自己紹介」参照、ツイッターは@hirocomic_shogiです。
by hirocomic_shogi
プロフィールを見る

カテゴリ

全体
自己紹介
将棋日記
本の感想文
雑記
リンク

最新の記事